税理士/不動産コンサル/ 名古屋総合税理士法人

経営・税務のアドバイスご相談は

052-762-0555

  キャリアアップ助成金 NA通信H29.8月号

HOME > 新着情報 > キャリアアップ助成金 NA通信H29.8月号

コンテンツメニュー

スタッフブログ

週間NAブログ

名古屋総合税理士法人メニュー

サービスエリア

サービスエリア

OFFICE Information

名古屋総合税理士法人事務所

名古屋総合税理士法人事務所

名古屋市中区錦三丁目15番15号
CTV錦ビル 5階(受付)
7階(セミナールーム)
TEL/052-950-2100(代表)
FAX/052-950-2101
e-mail/info@hosoe-tax.com

名古屋総合税理士法人へのお問い合わせはこちら


会計ソフト「MFクラウド会計」


キャリアアップ助成金 NA通信H29.8月号

2017.08.24

人材の確保には助成金・給付金を活用しましょう!

どの業界も人手不足が続く中、社員を確保することはとても難しいですよね。

人材を確保する為、社員の待遇改善に取り組もうとしている経営者も多いと思います。

そこで、今回のNA通信では、人材を確保するために活用できる、「キャリアアップ助成金」についてご紹介させて頂きます。

 

キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金とは、契約社員、パート・アルバイト、派遣労働者などのいわゆる非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップを促進するため、正社員化、人材育成、処遇改善の取り組みを実施した事業主に対して、助成する制度です。

平成29年4月よりこの助成金が見直され、適用要件の幅が広がり、また、助成金額も20%程度増加したため、さらに活用しやすくなりました。この制度には、8つのコースがありますが、その中でも活用しやすい2つのコースを紹介させて頂きます。

 

NA通信8月号_1

 

今回ご紹介したキャリアアップ助成金は、労働条件改善前にハローワークに対して申請書を提出しなければいけません。また、今回紹介した労働条件の改善以外にも、助成金を受け取るための条件があります。

そのため、キャリアアップ助成金を活用して、従業員の雇用契約の改善をお考えの方は、是非弊社宛にご相談下さい。

弊社では、キャリアアップ助成金の申請代行が可能です。もしこの助成金の活用してみたい場合は名古屋総合税理士法人まで、お問い合わせください。

 

いつもNA通信をご覧いただきまして誠にありがとうございます。青紙で読まれている方にご案内致します。

弊社サービスとして、昨年からメール配信も行っております。紙配信と併せてメール配信もご希望の場合は、以下のメールアドレスに「メール配信希望」とタイトルに記入の上、送信して下さい。yoshida.kenji@hosoe-tax.com

 

——————————————————————————————————————————————————————————-

 

「広大地」の評価が廃止され、500㎡以上の土地の相続税評価が大きく変わります!!

広大地(こうだいち)とは、その地域の標準的な戸建の宅地の面積と比較して著しく面積が広い土地を言います(三大都市圏では500㎡以上、三大都市圏以外は1,000㎡以上の土地が該当しますが、集合住宅等の敷地に適している土地<いわゆるマンション適地>は該当しません:名古屋市及びその周辺市町村は500㎡以上の土地が該当します)。この広大地評価ですが平成29年12月で現行の評価方式が廃止され、平成30年1月からは「地積規模の大きな宅地」の評価方式が新設される予定です。この改正により、広大地の評価額が倍増するケースも多いとみられ、贈与税、相続税が増加すると思われます。

 

「地積規模の大きな宅地」の評価に改正される理由

なぜ「広大地」の評価が廃止され、「地積規模の大きな宅地」の評価に改正されるのでしょうか。その理由として、 「広大地」の評価 では、面積のみで評価額が決まるため、画一的(きれいな形の土地でも、いびつな形の土地でも評価額が同じ)という点が挙げられます。この点を改めるため、「地積規模の大きな宅地」の評価では、土地の個性(形や奥行等の条件)を加味する評価方法が採用される予定です。

「広大地」の評価(H2912月まで)と「地積規模の大きな宅地」の評価(H301月から)では、同じ土地でも相続税評価が大きく変わります!

 

具体的に何が、どう変わるのか見てみましょう

下記の”土地A”と”土地B”について、「一般的」な評価、「広大地」の評価(土地の面積により評価)、「地積規模の大きな宅地」の評価(土地の個性を加味した評価)を適用し比較してみます。

NA通信8月号_2

 

平成30年1月以降は500㎡以上の土地評価が大幅に上がってしまう

上記具体例で見たように、平成30年1月以降の「地積規模の大きな土地」では評価額が高くなることが分かります。500㎡以上の土地を所有している方は、平成29年12月までに相続時精算課税贈与等を検討しましょう。具体例の土地Aであれば、平成29年12月までは5,500万円で評価できたものが、平成30年1月からは7,644万円になるからです。500㎡以上の土地を所有している方、相続する可能性のある方は、お早目に、名古屋総合税理士法人の担当者までお気軽にお尋ねください。

 

NA通信8月号_3

 

 

ページのトップへ

トップページ | 業務内容 | 法人概要 | スタッフ紹介 | アクセスマップ | 採用情報 | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒460-0003 名古屋市中区錦三丁目15番15号 CTV錦ビル 5階(受付)・7階(セミナールーム)
TEL:052-950-2100(代表)/FAX:052-950-2101/E-mail:info@hosoe-tax.com

Copyright