税理士/不動産コンサル/ 名古屋総合税理士法人

経営・税務のアドバイスご相談は

052-762-0555

  第11回 決算書の読み方セミナー

HOME > セミナー情報 > 第11回 決算書の読み方セミナー

コンテンツメニュー

スタッフブログ

週間NAブログ

名古屋総合税理士法人メニュー

サービスエリア

サービスエリア

OFFICE Information

名古屋総合税理士法人事務所

名古屋総合税理士法人事務所

名古屋市中区錦三丁目15番15号
CTV錦ビル 5階(受付)
7階(セミナールーム)
TEL/052-950-2100(代表)
FAX/052-950-2101
e-mail/contact@hosoe-tax.com

名古屋総合税理士法人へのお問い合わせはこちら


会計ソフト「MFクラウド会計」


第11回 決算書の読み方セミナー

日時:2019年12月6日(金)17:30~19:30(受付開始17:00)

場所:名古屋総合税理士法人 栄駅前本社7階 セミナールーム

会社にとって、1年間の成果や努力が数字となって表れるものそれが、「決算書」だと思います。ではその会社の成績表ともいえる決算書を、皆様は現時点で、どこまで読み解くことができるでしょうか。

 

*決算書とはなにか
→「決算書とはなにか?」を理解することは〇〇アップの一番の近道です。

 

*決算書を読み解くコツ
→数字だけでなく○○を意識することも大切です。

 

*黒字なのに資金繰りが苦しい
→自社の決算書をみて、何個の要因が思いつきますか?

 

決算書1つからでも、たくさんのことが学べ、気づくことができます。

 

中には「上手くいかなかった決算書を見て何が学べるのか」と思う方もいるかもしれません。ですが、上手くいかなかった決算書だからこそ、

 

「次に何をしなければいけないのか」の答えが書いてあります。

 

学習も同じですが、失敗を経験するからこそ、その経験をもとに次はどんな方法でやればいいのかという新たな仮説を立てて実行し、最終的に正しい正解を見つけることができます。

 

会社の経営も似ています。
むしろ、会社経営の方が、無限の仮説を立てて正解にたどり着く学習よりも、決算書という自社の1年間が全て凝縮されたデータをもとに、仮説を立てることができるので、正解(例:赤字から黒字にする)へたどり着くのがとても速いです。

 

では今すぐに何をするべきなのか、やるべきことは1つ。
「決算書を読めるようにする」ことです。

 

もちろん、独学で読めるようにするのはなかなか難しいです。
ですが、それを今回のセミナーでサポートさせていただくことが可能です。

 

今回のセミナーでは、前回ご好評いただいた「決算書診断」を無料でおこないます!
ご希望の方は、後日こちらから改めてご連絡させていただきますので、当日セミナーでお声がけくださいませ。

 

決算書診断とは、病院で健康診断を受けることと似ています。
自社の決算書のどこに病気(経営がうまくいかない原因)があるのかをしっかりと診断することで、早期発見からの早期対策に関するアドバイスをさせていただき、自社の経営がより良いものに改善していくヒントとなります。

 
 

*現状を打開したい

 

*会社をもっと良くしたい など

 

少しでも想いをもった皆様に是非参加していただきたいです。

 
 

申し込みはこちらのリンクから → 決算書の読み方セミナー(2019.12.6)申込フォーム
※インターネット申込〆切:2019.12.5

 
 

191206 決算書の読み方セミナー

ページのトップへ

トップページ | 業務内容 | 法人概要 | スタッフ紹介 | アクセスマップ | 採用情報 | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒460-0003 名古屋市中区錦三丁目15番15号 CTV錦ビル 5階(受付)・7階(セミナールーム)
TEL:052-950-2100(代表)/FAX:052-950-2101/E-mail:contact@hosoe-tax.com

Copyright